〜毛の生えるメカニズム〜

毛の断面図です。
毛は【毛乳頭】(毛根)から栄養を吸収し、ぐんぐん成長します。また【バルジ領域】は毛乳頭に対して発毛するように指令を出しています。従来の光脱毛はこの【毛乳頭】にのみ光刺激を与えて【毛乳頭】の働きを抑制していましたが、2014年以降に開発された脱毛機は、【バルジ領域】にも光を当てることが出来るようになりました。【バルジ領域】にも作用するということは、従来よりもより効果が高いということです。当サロンの脱毛はもちろん【バルジ領域】にも光をあてられます。【バルジ領域】と【毛乳頭】どっちにも効果があるのが《ハイブリット脱毛》の特徴です。

〜毛周期について〜

この様に毛は、【成長期~退行気~休止期~】とサイクルがあります。『バルジ領域』を聞いたことがありますか?今までの光脱毛では、毛を作り出す組織である『毛乳頭細胞』や『毛母細胞』を破壊することで脱毛が完了するとされていましたがハイブリット脱毛では、バルジ領域に熱をあて脱毛をする方式です。そもそも『バルジ領域』が発見されたのは、2000年~2001年のこと。
脱毛症治療の研究の一環として発見された幹細胞(細胞を作る働きをする)の一種で、毛の生成に重要な細胞を作り出す働きをする領域です。バルジ領域から作り出される発毛因子が毛母細胞となり、毛乳頭からの栄養を受け取ることで毛が生成されているのです。そのため、このバルジ領域を破壊することで、毛母細胞が生成されなくなり、毛の生成はストップするとされています。バルジ領域は毛と繋がっていない上に、常に真皮に存在しているもの。つまり、バルジ領域を破壊するのに毛があるか、無いかは関係ないのです。
 なので、毛周期に関係なく脱毛が可能なのです。
その為ワックス脱毛との併用もできます。
(ワックス脱毛施術3日〜1週間後に光脱毛施術可能です。)